トリプトファンサプリおすすめランキング@効果を実感するなら日本製に決まり!

トリプトファン サプリ

最近よく耳にするトリプトファンとは必須アミノ酸の1つ。精神を落ち着かせる幸せホルモン、セロトニンの材料です。トリプトファンは、セロトニンを作るだけではありません。睡眠ホルモンのメラトニン、肥満改善の効果があるナイアシンにも関係があります。

 

・不眠
・うつ
・イライラ
・生理前の過食
・ストレスによる過食

 

このような症状に悩んでいる方は、トリプトファン不足かもしれません。キチンと補えば、睡眠や肥満にもよい影響を与えます。トリプトファンは肉類やナッツ類をはじめ、さまざまな食材に含まれています。ですが、その含有量が少ないので不足しやすいのが難点。そこでサプリの出番です。効果を実感するなら、品質や安全に配慮した日本製を選ぶのがオススメです。当サイトでは、厳選の日本製トリプトファンサプリをランキング形式でご紹介しています。眠れない、落ち着かないという方、摂ってみませんか?

 

トリプトリズムの特徴

1日分のトリプトファン500rが摂れるサプリです。セロトニンを作るために必要な、トリプトファン・ビタミンB6・ナイアシンがこれ1つで摂れます。さらに神経系の乱れを整えるビタミンB12をプラス。93%植物由来で限りなく食べ物に近いサプリです。1日めやす4粒を朝の空腹時に摂れば、朝からの元気と集中力、ぐっすりを実感。通販限定、お試し定期コースなら初回62%OFFの972円(税込)。厳しい国際基準を満たした国内工場で製造しています。

価格 972円
評価 評価5
備考 トリプトファン・ビタミンB6・ナイアシン

 

ネムリスの特徴

トリプトファン+植物ハーブで休息できるサプリです。トリプトファン70rとラフマ葉エキスやグリシンなどの、おやすみサポート成分を配合。セロトニン作りに欠かせない、ビタミンB6も入っています。1日めやす6粒を就寝前の30分前〜1時間前に。夜のぐっすりと朝のスッキリに。初めての方限定、お得なキャンペーン初回特別価格5,670円(税込)。国産の品質と徹底管理の工場で製造。

価格 5,670円
評価 評価4
備考 トリプトファン・ラフマ葉エキス・ビタミンB6

 

グッドナイト27000の特徴

トリプトファン+αで睡眠を促すサプリです。休息をサポートする成分をバランスよく配合しています。トリプトファンのほか、リラックス効果のテアニンやGABA、不眠改善のグリシンなど全7種。1日めやす3粒にトリプトファン102r。毎日の就寝前などに。すっと眠れてぐっすり、朝も元気。定期購入は今だけ初回990円(税別)。品質管理を徹底した安心の国内生産です。

価格 990円
評価 評価3
備考 トリプトファン・テアニン・GABA

 

幸せホルモンのセロトニンを増やそう!

 

セロトニンという脳内物質があります。これは幸せホルモンと呼ばれているもので、その名の通り幸福感に関係する神経伝達物質なのです。それではセロトニンが幸せホルモンと呼ばれるのはどうしてか説明していきましょう。

 

セロトニンには心の安定を保つ働きがあります。セロトニンの分泌によって極端な感情の動きが抑制されるそうで、精神的な乱れをなくしてくれるのです。そのためストレスに打ち勝つことが出来るのです。そしてまた睡眠にも関係しています。睡眠と関わっているのは睡眠ホルモンであるメラトニンです。これはセロトニンが昼間にどれだけ分泌されたかによってその量が決まってきます。セロトニンとメラトニンはセットで考えると良いでしょう。夜になるとメラトニンが分泌されて眠くなり、朝になるとセロトニンが分泌されて活動モードに切り替わるという具合です。

 

セロトニンを分泌するには幸せの記憶も効果的であるとの研究結果もあります。思い出すだけで、セロトニンの分泌量が増えるのです。幸せな記憶は精神の安定につながるのです。

 

セロトニンを作る材料となっているのは必須アミノ酸のトリプトファンです。トリプトファンは体の中で作ることが出来ないので、食材から摂取します。摂取したトリプトファンが脳に運ばれ、そこでセロトニンの材料となるのです。トリプトファンが含まれている食材は、様々な物があります。肉類、魚介類、ナッツ類、乳製品など、身近な食材ばかりなので手に入りやすいです。少量ずつしか含まれていないので、いろいろな食材から少しずつ摂取するという形になります。

 

トリプトファン不足になると…?

 

トリプトファンという言葉を聞いたことはありますか?これは心を穏やかにする働きがある成分です。不足しやすい成分なので積極的に摂取する必要があります。心が落ち着かなかったり、眠れなかったり、イライラしてしまいがちな人は、もしかしたらトリプトファン不足かも知れませんよ。

 

トリプトファンとは必須アミノ酸さんの一つに挙げられている栄養素で、体に必ず必要なものです。トリプトファンは脳の中で、セロトニンを作る材料となります。これは神経伝達物質であり精神的な健康を保つ大切な働きがあります。幸せホルモンとも呼ばれていますね。体内時計の正常化や睡眠障害の予防に役立っています。ぐっすりと心地よい眠りは、1日の疲れを取るために必要ものです。

 

トリプトファンが足りないと心の状態が不安定になってしまいます。不眠症になったり、うつ病になったり、パニック障害や自律神経失調症など、様々な不調をもたらします。トリプトファンは体内で作ることが出来ないので、食事から摂取します。穀類ならそばや中華麺、芋類なら里芋、豆類なら大豆、納豆、豆乳、野菜類ならニラやニンニク、果物ならバナナ、魚介類ならマグロやカツオなど、実に様々な食材に含まれているので、スーパーなどで手に入りやすいです。ちなみに一日の摂取量は、体重1kgあたり2mgとされています。体重が60kgの人であれば、120mgが最低ラインと言えます。ただし既にうつ病の状態であったり、ストレスが激しく溜まっている人などは、もっと多めに摂取する必要があるでしょう。サプリメントを利用すると良いでしょう。

 

トリプトファンの効果

 

クルミには、トリプトファンという成分が多く含まれています。トリプトファンは必須アミノ酸と呼ばれているものであり、体に必要不可欠なものです。そしてこれは体の中では作れないので、食べ物から摂取する必要があるのです。今回はクルミとトリプトファンについてご紹介していきましょう。

 

クルミに含まれるトリプトファンが豊富だといっても、豚肉やマグロと比較すると含有量的には少ないです。他の食材の方が含有量が多いとも言えます。ではなぜクルミのトリプトファンが良いのでしょうか。それはほかの食材のトリプトファンよりも脳に届きやすいという特徴があるからです。

 

トリプトファンは他のアミノ酸と一緒に脳に行きます。その時に血液脳関門という狭い場所を通るのですが、他のアミノ酸は通れません。なので一緒に摂取するとトリプトファンの効果が減ってしまいます。クルミには他のアミノ酸であるBCAAがあまり含まれていません。なのでクルミのトリプトファンは脳に届きやすいと言えるのです。

 

トリプトファンは脳でセロトニンを作り出す材料になります。これにより精神を安定させることが出来るのです。セロトニンによって睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されるので、不眠症にも効果的と言えます。トリプトファンはドーパミンやノルアドレナリンを作ることにも関係しています。このことからうつ病にも有効とされています。

 

サプリメントも多く売られていますが、過剰摂取による副作用により肝硬変になるおそれがありますので、用量を守りましょう。

 

睡眠の質を高めるトリプトファン

 

睡眠ホルモンのメラトニンは、体内時計の働きを正常に保つ役目があります。そして眠りに誘う作用のあるホルモンです。体は太陽の光を受けることで体内時計がリセットされるようになっています。そして活動状態になります。活動状態になると脳の命令によってメラトニンの分泌が抑制されます。

 

日中様々な活動をして起床してから15時間くらい経過すると、再びメラトニンの分泌が始まるようになっています。そして就寝時間にかけて少しずつメラトニンが分泌されていきます。それに伴って次第に体温が下がって眠る状態に切り替わっていくのです。これが自然に眠くなるメカニズムです。

 

メラトニンの分泌量は年齢にも関係しています。一番ピークになるのが小学生の頃です。そして思春期になると次第に減少していき、70歳くらいになると昼も夜も同じくらいの分泌量となります。

 

このメラトニンを分泌するにはセロトニンが必要になります。脳内物質であるセロトニンは、幸福ホルモンとも呼ばれています。精神の安定を保ち、心を健やかにする働きがあります。ストレスが溜まってしまうとセロトニンが減少します。またうつ状態の人もセロトニンが不足しています。日中にこのセロトニンがたくさん分泌されているほど、夜にメラトニンが多く分泌されるという仕組みになっています。そしてセロトニンを作り出す材料になっているのがトリプトファンなのです。トリプトファンを積極的に摂取することで、質の良い睡眠を得ることが出来るのはこのためなのです。

 

トリプトファンの摂取方法

 

トリプトファンのサプリメントが売られているのを目にしたことはありますか?トリプトファンは食事から摂取することが出来ます。ですがサプリで摂取した方がいいという話もあるようです。またうつ病や不眠症に効果的というのは本当なのか疑問に感じる人もいますよね。今回はトリプトファンの摂取方法についてお話します。

 

まずトリプトファンと不眠の関係から説明しましょう。不眠の原因を簡単に言うと、メラトニンの分泌が足りないということがあります。メラトニンというのは心地よい睡眠を得るための物質です。メラトニンをきちんと分泌するには、セロトニンという幸せホルモンが分泌されなければいけません。そしてセロトニンを分泌するのに必要なのがトリプトファンなのです。トリプトファンは体の中で作ることが出来ないので、食べ物から摂取することになります。しかしその吸収力は弱くて積極的に摂取する必要があります。

 

含まれている食材には様々な物があります。乳製品や豆製品、お肉、バナナなど、身近な食材に含まれています。そのため普段の食事で摂取しやすいものなのです。ですが吸収しにくいものであるためサプリメントを利用する手もあります。忙しくて食事に手を掛けられないという人も、サプリなら気軽に摂取出来ますね。ちなみに1日に必要なトリプトファンは体重1Kgにつき2mgだそうです。そして5000r以上摂取しなければ問題はないそうです。

 

トリプトファンを多く含む食材

 

心地よい眠りに必要なトリプトファンという栄養素をご存知でしょうか?これは必須アミノ酸と呼ばれるもので、体に必要不可欠な物質なのです。トリプトファンを摂取することでセロトニンが作られます。セロトニンが分泌されるとメラトニンも分泌されるというシステムになっています。このメラトニンが心地よい睡眠に深く関係しているのです。

 

トリプトファンは体の中で作り出すことが出来ない栄養素なので、食べ物として摂取しましょう。肉や魚、緑黄色野菜や乳製品など、身近な食材に豊富に含まれています。

 

それではトリプトファンは一日にどれくらい摂取すれば良いのでしょうか。目安としては体重1kgにつき2mgということです。体重が50kgの人であれば、100mgの摂取が望ましいです。既に不眠症であったりうつ病の状態にある人ならば、少し多めに摂取した方が良いようです。

 

トリプトファンが多い食事をいくつか挙げてみますので参考にしてみてください。
穀類・・・うどん、マカロニ、スパゲッティ、精白米
いも類・・・里芋
豆類・・・あずき、インゲン豆、大豆、納豆、油揚げ
果実類・・・アーモンド、胡麻、くるみ、落花生、ピスタチオ
野菜類・・・枝豆、スイートコーン、ニラ、春菊、にんにく、ほうれんそう、ブロッコリー
きのこ類・・・しいたけ、マッシューム
魚介類・・・かつお、まぐろ、あじ、いわし、さざえ、芝えび
肉類・・・牛肉、豚肉、鶏肉
卵、乳製品・・・鶏卵、牛乳、チーズ、ヨーグルト

 

セロトニン作りにトリプトファンとビタミンB6

 

ちゃんと寝ているのに疲れが取れなかったり、なかなか眠りにつけなかったり、睡眠の質について悩んでいる人は結構います。そんな睡眠障害は、食事に気を付けると改善される可能性があるんですよ。心地よい睡眠を得るために、食生活について気を付けてみましょう。

 

睡眠に関係しているホルモンはメラトニンです。メラトニンがきちんと分泌されていれば、睡眠をしっかりとる事が出来ます。メラトニンを作るには、セロトニンという脳内物質が必要となります。セロトニンを十分に作り出すためには、トリプトファンという栄養素をきちんと摂取しなければなりません。

 

トリプトファンというのは必須アミノ酸の一つであり、体の中では作り出すことが出来ない栄養素です。食事として摂取されると脳に運ばれます。そして催眠や精神安定などに必要なセロトニンを作り出します。トリプトファンがセロトニンの材料になっているということです。トリプトファンを摂取する時間帯は、夕方以降が良いとされています。すると睡眠の質が良くなるのです。ですが寝る直前に食事をしてはいけません。睡眠の2時間くらい前にすませておきましょう。

 

そしてもう一つ大事な栄養素がビタミンB6です。トリプトファンとビタミンB6が揃ってセロトニンが作られるのです。ビタミンB6もトリプトファンと同様に、身近な食材に含まれているので食生活に取り入れやすいでしょう。バナナ、大豆製品、ニンニク、まぐろなどに含まれています。